模擬試験の結果が伸びない時は

受験生にとって模擬試験の結果はとても気になりますよね。

特に志望校が決まっている生徒にとっては、模試の志望校判定や偏差値が良くないとどうしても焦りが出てきます。

でも志望校判定や偏差値以外の部分を見て、模擬試験とは何かを理解し、上手に活用することが入試でよい結果を出すことに繋がって行きます。

模擬試験はあくまで現時点での自分がどの範囲を理解し、何が分かっていないのかをハッキリさせるためのものです。

模擬試験の結果が実際の受験の合否を決める訳ではありません。

成績が上がった、下がったを気にするよりも、できなかった問題を入試本番でできるようにするためにこれから何を学習するべきかを考えていけば良いのです。

模擬試験を受けることで、学校の定期試験とは違う試験会場の緊張感に慣れたり、問題に取り組む時の時間配分を考えて入試本番に生かすこともできます

まずは、模擬試験の問題は必ず復習をしましょう。

大切なのは、次回同じ問題が出たときは必ず正解できるようにする事です。

模擬試験でできなかった問題は、できるようになるまで反復していきましょう。

時間配分を意識して

模擬試験を受けることで、学校の定期試験とは違う試験会場の緊張感に慣れたり、問題に取り組む時の時間配分を考えて入試本番に生かすこともできます。

前半の問題に時間を掛けすぎて、後半の問題を時間が足りずに解けなかったという経験はありませんか?

後半に自分ができる問題があったのに時間不足で解けなかったら凄くもったいないことになります。

試験ではまず全体の問題を見て、できる問題から取り組んでいくような時間配分が必要になります。

 

模擬試験はあくまでも現時点での結果です。

一喜一憂し過ぎず、入試本番でよい結果が出せるように、上手に模擬試験の結果を活用して準備していきましょう。