信州大学 医学部医学科 対策

アドヴァンスゼミナールのブログです。今回は医学部入試の対策についてです。

前回の傾向についても是非ご覧になって下さい。

さて入試対策ですが即答力をつけることが大切です。そのために、数学・物理・化学・生物においては、問題を見ただけで方針や答えが頭に浮かぶ、というレベルに達するまで繰り返し基礎問題・定型問題を解きましょう。英語では、速読力を上げるために、英語に触れない日を作らず、また長文を読む際は常に時間を意識して読みましょう。さらに、英文和訳などで正確な単語・熟語の和訳が求められるので、意味が曖昧な単語・熟語はなくしましょう。信州大学は、毎年ほぼ同じ構成で出題されるので、入試本番までに最低でも3年度分は過去問を解き、問題構成に慣れ、時間感覚を身につけておきましょう。特に、物理・化学・生物では、2科目合わせて150分なので、時間配分には注意が必要です。

医学科は特殊なので抜粋してきていきましたが次回から科目ごとについて書いていこうと思います。

アドヴァンスゼミナール 伊藤