OECDが2018年に実施した学習到達度調査によると、日本の高校一年生の読解力は前回の8位から15位に低下したとの事です。

文科省は、根拠を示して考えを述べる力に課題ありと指摘してます。

インターネット上の多様な情報の真偽を見極める力の正答率が低い事もあるらしいです。

問題を解くにはまず出題の趣旨を理解する事からで、この読解力は全ての科目に必要な力です。

そればかりでなく社会の中でも様々な情報の真偽を見極める事は大事な事です。

    • しかし読解力は一朝一夕で身に付くものでもないので日頃から文章に接する等の対策も必要ですね。