不登校の生徒数の推移

文部科学省が昨年10月17日に公表した2018年度不登校児童生徒の数が16万人を超えました。
これは1991年以降では小学生・中学生ともに不登校生が過去最高となっています。
特に小学生の不登校生は2017年度に比べて9,800人も増えています。

人数だけでなく生徒全体の中の不登校の生徒の割合も過去最高になっています。
不登校の生徒が増えているのは「無理に学校に行かなくていい」という認識が一般的になってきたからでしょう。
今後も不登校生の数は増え続けると思われます。

不登校の原因は様々です。
その中には学校の授業についていけないために不登校になってしまう生徒も一定の割合で存在します。
私は教育に携わる人間として、そういう生徒を一人でも減らしていければと考えています。
学校に行くのが嫌になるほど勉強が苦手になる前に、私たちワンステップ教師会にぜひご相談下さい。
ワンステップ教師会では家庭教師による学習指導だけでなく、専門のカウンセラーがお子様一人ひとりをフォローしていきます。