福岡県太宰府市にある筑紫女学園大学。平日の昼間に大学の体育館をのぞくと、子どもと大学生、大人が一緒にボールで遊んでいた。自由な雰囲気でワーワーと盛り上がっている。子どもたちは、いわゆる不登校の小中学生。だが、「不登校」という言葉につきまとう暗いイメージはなかった。

筑紫女学園大学は、太宰府市教育委員会と連携して、不登校の子どもの居場所づくり「キャンパス・スマイル」事業を今春スタートした。同事業は、太宰府市内の小中学生を対象に、学校を休みがちな子どもの居場所を大学キャンパス内に作ろうというもの。学内の研修を受けて認定された約80人のスマイル・サポーターが、子どもの伴走者として一緒に活動する。

同大には、教員や幼稚園の先生、カウンセラー、ソーシャルワーカーなどを目指す学生がいる。彼女たちにとって、子どもと接する機会は学びとなる。サポーターの1人は「私が中学生のとき、大学生のお姉さんたちが学校に来て一緒に過ごしてくれたことで救われました。だから、今度は私がそんな存在になりたい」と活動に加わった。

■不登校の小中学生は増加の一途

 文部科学省によると、不登校(年間30日以上欠席)の小中学生は2018年度に全国で約16万5000人となり、年々増えている。不登校生の6割ほどが90日以上欠席し、長期化の傾向がある。全国の自治体の約6割は、不登校の子どもが通う教育支援センター(適応指導教室)を設置している。

 太宰府市では、登校したくでもできない子どもたちが通える「つばさ学級」を開設。小学4年生から中学3年生までを対象とし、今は18人が在籍している。月曜から金曜まで学習・体験活動があり、学校長が認めた場合は学校の出席日数として扱われる。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191213-00318139-toyo-bus_all&p=2

不登校の生徒の居場所は自治体が運営する適応教室やフリースクールが主ですが、それ以外の様々な窓口が増えることはすごく意味のあることです。

同世代の友達から学ぶこともありますが、年上の人と接することで学ぶこともたくさんありますよね。

こういう取り組みが増えていくと良いですね。